いつから始めればいい?永久脱毛にかかる期間

永久脱毛をするなら医療機関で脱毛を

永久脱毛と言うと一生ムダ毛が生えないイメージがありますが、ムダ毛の処理を最後に行ってから一か月後の毛の再生率が20%以下になる脱毛方法を永久脱毛と呼びます。この定義はアメリカの米国電気脱毛協会が定めたもので、日本の多くの美容クリニックやエステサロンでも使われています。現在、日本には数多くの業務用脱毛機がありますが、永久脱毛に近い状態にするには美容クリニックのような医療機関で施術を受けるのがお勧めです。医療機関ではニードル脱毛やレーザー脱毛などが受けることができますが、これらの施術は2か月から3か月に1回の間隔で進め、6回から10回ほど行う必要があります。そのため約1年ほど施術期間がかかるのが普通です。

肌コンディションが良い時に始めよう

ニードル脱毛とレーザー脱毛は高い脱毛効果が期待できますが、その代わり肌にかかるダメージも大きくなるので注意が必要です。乾燥肌がひどい状態で脱毛施術を行うと痛みや腫れが強くでる可能性があるので、肌コンディションが良い時期に行うのがお勧めです。特にレーザー脱毛はメラニン色素に作用して脱毛するのが特徴なので、日焼けの色が濃いと肌ダメージの大きくなるので気を付けましょう。施術を行う施設によっては日焼けをしていると脱毛を断られる場合もあるので、肌色が落ち着いてから契約するようにしましょう。これらを考慮すると、永久脱毛の最適なチャレンジ時期は秋から冬にかけてと言えます。この時期は肌の露出も減るので、万が一脱毛で肌トラブルが起きても衣服で隠せるのが利点です。